【特集】事業所間で「安全相互点検」へ 設備本質安全化を追求/KYB相模工場

2014.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 設備の本質安全化は、製造業をはじめ装置産業にとっては永遠の課題といえる。KYB㈱相模工場では、この設備本質安全化に正面から立ち向かい、独自の工場特有の基準や設備安全チェックリストを作りあげている。また、リスクアセスメントでは、評価にもれがないかを相互に安全点検する「事業所間安全相互点検」を実施し、客観的な視線で、本質安全化を目指す。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月15日第2212号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ