【特集1】発表会で改善事例共有 「互いに学び合う」姿勢を重視 ㈱UACJ

2018.08.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

グループ全員参加の安全風土へ

 ㈱UACJは、グループ各社が行う安全衛生活動の共有と水平展開に力を入れる。毎年の安全衛生活動発表会では、職場で取り組まれた改善活動の優秀事例を表彰。従業員参加による好事例が集まり、活動を促進する刺激になっている。さらに、重要拠点を巡回する全社横断安全点検や安全衛生担当者が交流する連絡会などを通じ、互いに学び合い、安全・健康を優先させる職場風土が生まれている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月1日第2313号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ