【特集1】パト結果からいい・悪い例を全員へ 建設と熱供給の安全活動/OGCTS

2014.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 安全活動を行う場合、建設業なら「墜落・転落」、製造業では「はさまれ・巻き込まれ」と災害の型に合わせた対策を打ち立てる。総合エンジニアリング会社の㈱クリエイティブテクノソリューション(大阪市、通称=OGCTS)では、建設業と熱供給事業という幅広い作業のなかで、安全活動を行っている。建設作業ではパトロール結果を「いい例」でも「悪い例」でも作業者全員に周知して安全意識の高揚を図る。リスクアセスメントを共通点としつつ、それぞれ作業内容の違う同社の安全活動を追ってみた。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月1日第2207号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ