【特集1】滞在型で“じっくり”指導 作業を観察して不安全箇所指摘 ㈱JPハイテックの現場パトに密着

2020.04.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 水力発電、送変電設備の工事・保守業務全般を行う㈱JPハイテックは、安全衛生に精通した人材による専門グループをつくり、「滞在型安全パトロール」で現場の安全管理を支援している。忙しく現場内を見る従来型の巡視とは違い、外部専門家を交えて、じっくりと腰を据え現場を確認し、不安全箇所や行動を見つけ出す。妥協を許さない指導は、「勉強になる点が多い」と現場に受け入れられ、安全衛生管理のレベルアップにつながっている。

社内に専門グループを設置

 2018年から始めた滞在型安全パトロール(以下、「滞在型安パト」)は、半日程度をかけて現場を巡回する従来までのパトロールと異なり、数日間現場に滞在して、腰を据えて現場の安全管理を指導するのが特徴だ。労働災害防止、安全衛生業務の知識と経験が豊富な社員が、時には外部専門家と一緒に、年間20件程度、全国の同社の現場を訪れて、安全衛生管理を支援する。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年4月15日第2352号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ