【特集1】職場でのヒューマンエラー防止 「安全マネジメント体制」構築へ 背後要因を分析し対策立案・下/石橋 明

2015.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ヒューマンエラーを防止するための「安全マネジメント」。まずは「人は誰でも間違える」というヒューマンファクターズの基本概念を理解することが重要になる。今号、特集1では実際に災害の再発を防止する仕組みづくりについて解説する。原因や背後要因を分析し、対策立案を繰り返し実践する「安全マネジメントサイクル」の構築や事故を未然に防ぐ「予防安全活動」の運用のコツを紹介。こうしたエラー防止の仕組みは恒常的な効果が期待できるとしている。…

執筆:㈱安全マネジメント研究所 代表取締役所長 工学博士 石橋 明

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月15日第2226号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ