【特集1】職場でのヒューマンエラー防止 「安全マネジメント体制」構築へ 人はなぜ間違えるのか・上/石橋 明

2015.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 事故が発生しても“犯人”を処罰しただけでは、また同じことが起きてしまう。「人は誰でも間違える」背景の仕組みを理解したうえで、エラーが発生しても事故につながらない“防護壁”が必要と㈱安全マネジメント研究所の石橋明所長は指摘する。今号、特集1では石橋所長にヒューマンエラーを誘発する要素として、人間の基本的特性と能力の限界について解説していただいた。個人の能力の限界をカバーするためには「安全マネジメント体制」を構築し、組織的に取り組む必要があるという。…

執筆:㈱安全マネジメント研究所 代表取締役所長 工学博士 石橋 明

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月1日第2225号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ