【特集1】不安全設備を巡視で排除 ヒューマンエラー抑止も課題に 墜落災害防止へ徹底確認/北野建設

2019.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北野建設㈱では、店社と協力業者による合同パトロールを始めとしたさまざまな巡視を徹底し、不安全設備の排除に努めている。手すりの抜け落ちや作業床の隙間など、墜落災害につながる危険を重点に据え、現場・現物・現実の三現主義で不備を見つけ出す。同時に、安全管理を教育する機会にもなっている。

死亡災害ゼロを堅持する

 オリンピック選手を数多く輩出するスキー部の活躍でも有名な長野市の総合建設会社、北野建設。2019年は安全衛生目標に「死亡重篤災害・重大災害ゼロの堅持」を掲げ、「墜落・転落災害の防止」「倒壊・崩壊災害の防止」「重機災害の防止」「火災事故の防止」を重点施策に挙げている。

 重篤な災害を防ぐための具体的な取組事項として、一番に考えるのは「不安全設備の排除」だ。統括安全衛生責任者(工事責任者)による日々の巡回に加え、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ