【特集1】産業廃棄物処理業の労災防止 死傷災害2割減を目標に―(公社)全国産業資源循環連合会 事例検討し所感を報告―有明興業

2018.05.02 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 度数率は建設業の8倍以上――。労働災害発生頻度の高い産業廃棄物処理業を安心して働ける職場に変えようと業界の取組みが進んでいる。(公社)全国産業資源循環連合会は、業界で初となる労働災害防止計画を策定し、労災による死傷者数を平成31年度までに20%減少させ996人以下に抑える目標を掲げた。会員事業場の活動を支援する体制を強化しており、リスクアセスメント教育やホームページとリーフレットによる情報発信を強化。安全衛生管理の基本的な実施事項や災害防止のヒントとなる膨大なヒヤリハット事例を事業者に伝えている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月1日第2305号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ