労災防止 建設、ビルメン業へ要請 災害増加に歯止めを 東京労働局

2013.12.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年末・年始の指導強化

 東京労働局(伊岐典子局長)は、建設業やビルメンテナンス業などの業種で死傷災害が大幅に増加していることから、災害がとくに発生しやすい年末・年始を「Safe Work 推進強調期間」に設定し、災害防止に向けた集中的な指導を開始した。建設業とビルメン業の業界団体に対して、墜落・転落災害防止対策の徹底や、安全衛生活動の活性化を通じた安全意識の向上に取り組むよう文書要請を実施したほか、首都圏の4労働局の連携による建設現場一斉監督にも着手している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月16日第2949号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ