建設業の労災防止 専門工事5団体と連絡会議 工事量増加をにらみ 東京労働局

2013.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

不安全行動対策など議論

 東京労働局(伊岐典子局長)は、解体や型枠、鉄筋などの専門工事業5団体との労働災害防止連絡会議を設置した。緊急経済対策に基づく工事量の増加などを背景とした労働災害の発生が懸念されることから、災害防止に向けて、工事を直接担う専門工事業関係団体との連携強化を図る狙い。10月15日に開いた初会合では、不安全行動の防止対策や若年者教育、団体未加入企業への安全対策の周知などをテーマに意見を交換。不安全行動対策では、熟練技能者とのペアによる作業遂行を推奨する意見が出た。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月28日第2942号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ