東京労働局 安全教育の工夫 伊岐局長が点検 建設現場パト

2013.07.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(伊岐典子局長)は全国安全週間初日の7月1日、建設現場安全衛生パトロールを実施した。伊岐局長(写真右手前)が港区の環状第2号線新橋・虎ノ門地区Ⅲ街区(虎ノ門ヒルズ)新築工事現場(地上52階建て、施工=㈱大林組)を訪れ、施工担当者の説明を聞きながら、災害防止に向けた取組みをチェックして回った。

 伊岐局長は、現場で実施している一人ATKY(安全点検確認・危険予知)訓練や安全帯使用訓練に注目し、「職長会を中心に、新規入場者に対する懇切丁寧な安全教育が行われている」と講評。さらに、作業者がお互いに注意を呼び掛ける「一声掛け運動」や、タブレット端末の活用による情報共有の徹底など、コミュニケーションを図る取組みも高く評価した。

平成25年7月15日第2929号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ