安全な作業方法徹底 高層建築へ局長パト 東京労働局

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(西岸正人局長)は、建設業労働災害防止協会東京支部との合同による安全衛生パトロールを実施した。清水建設㈱施工の「月島1丁目再開発工事」(中央区、地上53階建て)を対象に、西岸局長(写真中央)が墜落・転落防止対策や安全教育の実施状況をチェックした。

 約1時間にわたって巡視した西岸局長は、建設業で多発している可搬式作業台からの墜落・転落防止に向けた安全教育を高く評価。職長会が中心になって安全な使用方法を周知、徹底しているとして、同社関係者に「良い取組みは他の現場でも展開してほしい」と述べた。

平成26年9月22日第2986号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。