選手村工事の安全対策確認 東京労働局

2017.12.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(勝田智明局長)は12月5日、2020年東京オリンピック大会施設工事の受注元方事業者などで構成する「大会施設工事安全衛生推進連絡会」による現場パトロールを実施した。選手の宿泊施設などの工事を行う「(仮称)晴海5丁目西地区第1種市街地再開発事業5―5街区板状棟建築物工事」(施工・前田建設工業㈱)における協力会社への安全衛生教育など労働災害防止対策を確認し、メンバー間で取組事例を共有した。

 パトロールに当たり勝田局長(写真)は、「技能労働者不足が顕在化するなか大会施設工事が進めば、他の業種から建設業に参入する人など、建設工事への不慣れに起因する災害の増加が懸念される」と指摘。「職長の能力向上教育を行い、新規入場者・就業者などへの教育も進めることが重要。情報交換を通じて安全衛生水準の向上を図ってほしい」と呼び掛けた。

平成29年12月18日第3141号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ