労働災害 死傷者数が過去20年最多 豪雪やコロナで急増 秋田労働局

2022.05.26 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

転倒防止へ緊急会議開く

 秋田労働局(川口秀人局長)は、昨年の労働災害による死傷者数は1220人で、過去20年間で最多となったと明かした。そのうちの28.4%が転倒災害で、全体に占める割合は記録の残る平成4年以降最も多い。豪雪が主要因とみているが、冬以外も月平均20人弱が被災したことを受け、同労働局は毎年降雪前に行う「転倒災害防止プロジェクトチーム会議」を緊急開催。関係団体に対策を要請した。新型コロナウイルスの職場内感染も、一昨年の8人から100人に急増している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年5月30日第3354号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。