70歳以上の雇用3年連続で1位 秋田労働局

2016.11.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 秋田労働局(松本安彦局長)が公表した平成28年の高齢者雇用に関する調査によると、70歳以上まで働ける県内企業の割合は32.9%で、3年連続の全国トップとなった。県内企業1364社の回答を集計している。

 70歳以上まで働ける企業449社の雇用確保措置をみると、「健康面などの基準を満たす者を継続雇用」148社、「希望者全員を継続雇用」76社、「定年制廃止」30社、「70歳以上定年」13社などだった。定年制の変更よりも、継続雇用制度を講じている企業が多い。

関連キーワード:
平成28年11月21日第3089号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ