現場違反率46%に 一斉監督結果をまとめる 埼玉労働局

2022.02.21 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 埼玉労働局(高橋秀誠局長)は、昨年12月に管内の建設工事現場106現場に実施した一斉監督の結果をまとめた。46.2%(49現場)で労働安全衛生法の違反が発覚している。

 最も多かったのは墜落災害の防止に関する違反で、29現場だった。高さ2メートル以上の足場や作業床の端、開口部に手すりを設けていないなどの違反がめだっている。そのほか、安全通路の確保、作業主任者の選任、感電災害の防止、車両系建設機械の接触防止についての違反が、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年2月21日第3341号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。