足場集中監督半数が要改善 埼玉労働局

2012.04.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉労働局(安藤よし子局長)は、3月19日に埼玉県東松山市で発生した足場倒壊による通行中の子どもの死亡事故を受け、22~23日の2日間、建築物などの修繕工事に関する足場の緊急パトロールを実施した。

 54現場のうち足場に関する改善指導を行ったのは25現場(46.3%)で、労働安全衛生法違反が17現場(31.5%)でみつかっている。

平成24年4月23日第2870号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ