労使協定方式が9割 派遣労働者の待遇決定を調査 厚労省

2022.01.28 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、令和3年度に受け付けた労働者派遣事業報告書に添付される労使協定書の賃金などの記載状況についてまとめた。派遣労働者の待遇決定方式で、労使協定方式を選択している事業所が90%近くを占め、製造技術者の平均賃金は時給1247円などとなっている。

 派遣法第23条により派遣元事業主に提出を求めている「労働者派遣事業報告書」と同報告書に添付された労使協定書から、一部事業所を抽出して集計を行った。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年1月31日第3338号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。