月80h超残業最多に ストレス上位が「低賃金」 過労死白書・運転者の精神障害事案で

2021.11.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、「令和3年版過労死等防止対策白書」を公表した。トラック運転者の精神障害事案を具体的出来事別にみると、月80時間以上の時間外労働が25%と最多だった。平時の業務関連のストレスや悩みでは、「賃金水準の低さ」「不規則な勤務による負担の大きさ」が目立っている。新型コロナウイルス感染症の影響で、勤務状況が改善された人がいる一方で、ストレスや悩みが増えたと回答する人もみられるとした。

 今回の白書の重点業種・職種の調査・分析結果では、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年12月1日第2391号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。