厳しい納期が原因に SEの脳・心臓疾患事案 過労死白書

2018.11.09 【労働新聞】

 厳しい納期設定や急な仕様変更を背景とした長時間労働が過労死を誘発――厚生労働省は平成30年度版過労死等防止対策白書をまとめ、IT産業における発生要因を明らかにした。

 白書では、IT産業など過労死多発業種を対象とした調査研究結果を報告した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成30年11月12日第3184号1面

あわせて読みたい

ページトップ