『変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策』の連載記事

2021.07.21 【労働新聞】
【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】第5回 現役世代の感染増加に備える 変異株念頭に対策を 公益性高い情報入手して/小川 祥子

より“身近”なものに  日本全国の新型コロナウイルス感染症の感染者数は総人口の約0.64%、東京都の20~50歳代男性に限ればその割合は約1.86%にも上る(7月1日時点)。職場で感染者や濃厚接触者の対応を経験した人も多いのではないだろうか。  体験を通じ、どの程度の接触で感染するという感覚を得たり、必要な手続きも把握でき、さらに職域接種……[続きを読む]

2021.07.15 【労働新聞】
【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】第4回 ワクチンに関してよくある質問 治療中の場合相談を 高リスク者は接種推奨/東川 麻子

母乳に影響を与えず  今回は、新型コロナワクチンの接種に関して、職場から寄せられる質問のなかから、多いものをピックアップして紹介する。 ① 妊娠中、授乳中でも接種しても良いか  接種可能。現段階で、ワクチン接種による影響の出方は、妊娠中と非妊娠中で明らかな差はないとされている。また、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染した場合、重症化リスク……[続きを読む]

2021.07.08 【労働新聞】
【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】第3回 接種に向けた態勢づくり まず方針を明確に 海外出張者優先も一考/東川 麻子

休暇は1回に限らず  前回は、新型コロナウイルスワクチン接種に伴う副反応の発生率、副反応の発生に備え業務を計画すること、副反応をよく理解してから接種を受けること、接種ありきで話を進めないことを説明した。ワクチン接種については、積極的に受けたい人もいれば、否定的な人もいるだろう。一部ワクチンのリスクを過度に警戒する人たちが、SNSで接種しな……[続きを読む]

2021.07.01 【労働新聞】
【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】第2回 ワクチンの副反応 2回目は注意要する 労働者の接種日把握を/東川 麻子

若者の方が発熱多い  政府から職域や大学における新型コロナウイルスワクチン接種の方針が示された。地域によっては高齢者の接種が進み、対象が一般接種に移行するところも出始め、まだまだ先のことだと思っていた従業員のワクチン接種がより現実的なものになっている。今回は、職域でのワクチン接種の有無にかかわらず、一般接種が始まるに当たって、職場として備……[続きを読む]

2021.06.24 【労働新聞】
【変異株?ワクチン?最新!企業の新型コロナ対策】第1回 「陰性」の評価に注意 1年経過し企業間で差 ルールの周知徹底が鍵に/東川 麻子

発熱以外にも着目を  職場での新型コロナウイルス感染対策が進められ、1年以上が経過した。1年前と比較するとウイルスの特徴や感染対策に関する情報が増え、全く分からないものと闘う不安は少し軽減されているだろう。しかし、各企業の新型コロナ感染症に対する理解に差が生じており、感染対策の差が大きくなってきていると感じる。ここでは改めて新型コロナに関……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ