【想いはせれば】第144回 労働災害の影に飲酒?

2020.12.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

▶毎年12月、年末のボーナスの後には、連日の飲み会や忘年会で昼間はふらふらの状態でした。それは呑兵衛の私だけでなく、40~50年前当時の多くの「勤労者」の状態でした。

 工場では、毎年年末の12月は、納期に追われた急ぎの作業や年末・年始休業に備えての4Sや設備・機械の点検・整備などの「非定常作業」などが立て込んで職場では混乱の極みでした。

 こんな状態のなかで、二日酔いの作業者が働くわけなので、当然、事故や労働災害(災害)が頻発しました。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年12月15日第2368号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ