【社労士が教える労災認定の境界線】第144回 避難訓練で誤作動の非常ベルにあわて階段から落ち全身打撲

2013.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 複数の会社が入る10階建の雑居ビルで避難訓練が実施された。避難訓練は地震によって火災が発生し、エレベーターが停止したという設定で、非常階段を使って行われた。

 この避難訓練中、実際には鳴らす予定のなかった非常ベルが、点検時の誤作動により鳴ってしまった。3~5階に営業所を構える雑貨の輸入販売会社の社員Aは、この非常ベルに驚き、あわてて階下へ降りようとした際に階段を踏み外し踊り場へ転落、右足首の捻挫と全身打撲を負ったものである。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 社会保険労務士小泉事務所 所長 小泉 正典

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月1日第2177号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ