【緊急連載 新型コロナの人事実務対応】第14回 リモートによる団体交渉の論点 不当な拒否にならず 三密回避へ説明尽くせば/近衞 大

2020.09.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働組合の団体交渉申入れに対して、会社が誠実交渉義務を負うことはいうまでもない(労働組合法7条2号)が、団体交渉は、通常、労働組合側と使用者側がそれぞれ複数人で会議の形式をとって行われるところ、これはまさに密閉空間において、密集した人員によって、密接な距離感で行われる典型的な「三密」のケースである。

 そこで、「三密」を回避し、かつ実質的な団体交渉を実現するために、ウェブ会議システムなどのリモートによる団体交渉の可否・要件(換言すれば、リモート形式の団交における不当労働行為の成否)が問題となる。そしてこれを検討するに当たり、団交議題の内容や、社内労組・合同労組とで考慮すべき要素が異なる場合があるかも併せて問題となろう。…

筆者:倉重・近衞・森田法律事務所 弁護士 近衞 大

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年9月7日第3271号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ