【緊急連載 新型コロナの人事実務対応】第7回 在宅勤務時の人事考課 部下の進捗共有を 成果評価は目標小分けで/田代 英治

2020.07.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全面的に在宅勤務を導入した企業の人事担当者や現場のマネージャーから、「人事考課をどのように実施したら良いか」という課題について相談を受けることがある。

 彼らの多くは全面的に在宅勤務へ移行した後、「直接顔を合わすことがないまま働いている部下を、どう評価したら良いか分からない」との悩みを抱えることになった。在宅で仕事をしている部下の成果(アウトプット)はチェックすることができたとしても、勤務態度や働きぶりについてはみることができず、行動(プロセス)をどう評価したら良いか分からないというのである。

 このようなマネージャーは、まず自社の人事考課の基準を確認することから始める必要がある。…

筆者:㈱田代コンサルティング 社会保険労務士 田代 英治

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年7月13日第3264号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ