【緊急連載 新型コロナの人事実務対応】第3回 採用・内定と新人教育 評価次第では保留に 入社後の対応も踏まえ/田代 英治

2020.06.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新型コロナウイルス感染症対応においては、人材採用の場面でも問題が生じ得る。在宅勤務体制を続けている会社が中途採用をする場合、採用段階ごとに次のような問題や対策が考えられる。

① 採用内定後、入社手続きに入っている段階

 入社手続きなどは人事担当者と内定者との間で行われるべきものであるが、感染リスクを回避するためには従来の対面方式が困難となる。

 従って、入社手続きのほか、業務内容のレクチャー、引継ぎ、業務に必要な研修なども、極力オンラインで実施せざるを得ず、人事担当者はこれらの対応に直面することになる。

 オンラインでは…

筆者:㈱田代コンサルティング 社会保険労務士 田代 英治

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年6月8日第3260号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ