【想いはせれば】第136回 知らなければ見えない

2020.08.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶私が勤務していた工場の職場での出来事です。分解した設備の部品約150kgを玉掛けワイヤーでつって所定の場所に移動し、寸止めしながらつり荷を所定の場所に降ろしていたとき、突然ワイヤーが「キンク箇所」で切れて荷が被災者(A)に倒れかかり、下半身が荷の下敷きになって全治2カ月の重傷を負った事故がありました。

 A君は入社2年目で20歳、クレーンや玉掛けの資格はまだ持ってはいませんでしたが、当日は資格者の先輩が休みだったので、A君が玉掛けとクレーンの操作を行っていたものです。「使用前にワイヤーの点検はした」ということでしたが、ワイヤーにキンクがあると切れやすいことをA君は知りませんでした。

▶A君はワイヤーのキンクが危険なことであり、…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年8月15日第2360号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ