【産業カウンセリングの現場から】第136回 ストレスチェック成功の秘訣

2017.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

初年度は実施で精一杯

 ストレスチェック(以下、SC)制度が導入されました。皆さまの会社では衛生委員会での審議、SCの実施から医師の面接指導、集団分析とその後の対応、労働基準監督署への報告まで滞りなく進みましたでしょうか。集団分析とその後の対応は、法律上努力義務であり初年度において各企業の担当者はSCを実施することで精一杯だったという雰囲気があります。

 また、筆者の耳には「集団分析結果をどう解釈するのか分からない」「集団分析後の対応方法が分からない」「対策を立てたいが各部署の抵抗感が強い」などが、入ってきています。

「より良い職場づくり」めざす

 職場環境改善にはエビデンスがあり、吉村らは職場環境改善や個人向けストレスマネジメント教育は便益が費用を上回ることを報告しています(※1)。…

執筆:森本産業医事務所 代表 5つ葉のクローバーの会 代表
医師(医学博士) 社会保険労務士 労働衛生コンサルタント 森本 英樹

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月15日第2280号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ