【想いはせれば】第132回 定年延長がもたらすもの

2020.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶職場では毎年3月末は定年退職者の送別会でした。職場の全員が参加し、会社施設の倶楽部や近くの料亭で行われていました。40年代当時の退職者の年齢は55歳でした。現場以外で日勤勤務してきた人たちに比べて、現場で交代勤務を長年やってきて定年を迎えた先輩たちは、この歳までよく頑張ってこられたなぁと見えるご老体でした。

 そして55歳で定年を迎えた先輩たちは、定年までに近郊に土地付きの家を建て、失業保険と退職金とその預金の利息(当時の定期預金は7~8%の金利)と年金で老後の生活を送ることになっていましたが、…

執筆:セフテイレビュー代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年6月15日第2356号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ