【事故防止 人の問題を考える】第132回 脳の働きとヒューマンエラー(前編)

2022.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回は、読者の皆様から寄せられたテーマの中から「脳の働きとヒューマンエラー」をとりあげます。

 脳の働きをコンピュータの情報処理モデルを使って説明し、どのようにしてどのようなヒューマンエラーが発生するのかなどについて解説します。

情報処理モデルで脳の働きをみる

 認知心理学などでは、人間の脳の働きをコンピュータの情報処理モデルととらえ、脳の働きを明らかにしようとしています。

 コンピュータの情報処理は、「①情報の入力」「②入力情報の処理」「③情報の出力」の3つのステップをとります。

 このステップを脳の働きにあてはめてみると、「①情報の入力」では、目でみた物(視覚)、耳で聞いた音(聴覚)などの情報を脳に入力します。視覚、聴覚の他にも、…

執筆:労働安全衛生総合研究所 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2022年6月15日第2404号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。