【ぶれい考】根深い「犠牲の美学」/江上 茂樹

2020.06.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一冊の文庫本があります。1970年代後半の本で、著者は外国人。戦後から高度経済成長期の日本社会の現状を踏まえた、日本の父親に対しての家庭教育論が書かれています。当時小学生だった私はその本を知る由もなく、最近、偶然読む機会に恵まれました。

 それによると、当時の日本社会における一番の問題は「父親不在」で、父親がわが子の教育の傍観者になっている、と。確かに、私の父は平日も土日も家に不在で、父親とゆっくりと語らったり遊んだりした記憶がありません。私と同世代で…

筆者:サトーHD グローバル人財開発室長 江上 茂樹

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年6月8日第3260号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ