【日本に馴染む職務型人事賃金制度】第18回 欠かせない4つのテーマ(5) 上位のみ記述書作成 実現性見極めて柔軟に/柴田 彰

2020.05.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

下位層は類型化手法で

 前回までで、職務型人事賃金制度を日本企業に馴染ませる上での4つの重要テーマ(①経営陣の理解と関与、②人事部門の能力、③組織設計のガバナンス、④人材の絶対評価)を個別に解説してきた。今回はこれまでの総括として、最近の日本企業における職務型制度導入の潮流についてみていきたい。

 職務型制度がなかなか日本企業には馴染みにくい本質的な理由は、これまで日本企業が行ってきた人事運用のあり方が、職務型制度の思想とは相容れないからである。「各ポストに最も適した人材を探し出してきてあてがい、そのポストの価値に相応しい報酬を提供する」のが職務型制度の思想だ。一方で、…

筆者:コーン・フェリー・ジャパン㈱ シニア クライアント パートナー 柴田 彰

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年5月18日第3257号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ