【日本に馴染む職務型人事賃金制度】第4回 普及拡大の実態(下) 純然たる制度増加中 新規導入では圧倒的優勢/加藤 守和

2020.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

反映度合いに濃淡あり

 日本企業において、職務型制度は確実に普及が進んでいる。

 職務型制度とは、職務価値に応じて社員に報いていく仕組みであるが、職務価値の反映度合いには濃淡がある。そもそも、人事制度とは、等級・評価・報酬制度の3つの制度から構成されているが、職務型制度は広義の意味では等級・評価・報酬制度のいずれかの制度に「職務価値」という要素を組み込んだ制度を指している。

 狭義の意味での職務型制度とは、等級・評価・報酬のいずれの制度も「職務価値」に基づく仕組みとしたものである。典型的には、人事制度の基盤となる等級制度を「職務価値」によって区分し、各等級に求められる基準をもとにした評価制度、各等級にふさわしい報酬制度を採用し、等級・評価・報酬のいずれの制度でも「職務価値」を根幹に据えた仕組みを指す。海外企業では、「職務価値」の前提として、…

筆者:コーン・フェリー・ジャパン㈱ シニア プリンシパル 加藤 守和

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年2月3日第3243号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ