【本当に役立つ!こころの耳】第118回 職場復帰に関わったみんなの声 障害特性の理解を促す

2020.03.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、「疾患特性を職場に分かりやすく説明することで復帰が成功した」事例を紹介します。品質保証部門にて技術職で働く45歳男性Fさんの事例です。

Fさん

【復帰前】
 仕事が忙しくなって、疲れが溜まると「ザワザワ」という幻聴が聞こえたり、人が見ている気がする時もあったり、外に出るのが怖くなってしまいます。じつは20歳のころに同じ症状で一度入院し、統合失調症と診断されました。この病気は、人に言ってもなかなか理解してもらえません。職場でもなるべく人と関わらないように過ごしてきました。数年前から、人員削減で業務量が増え、それに伴いまたたびたび症状が出るようになって、誰にも相談できず、無断欠勤が続いてしまっています。…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年3月15日第2350号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ