【想いはせれば】第123回 キーパンチャーの病欠

2020.01.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶昭和38年(1963年)、私が勤務していた事業所でも、技術革新の波に乗って、経営の科学的管理の手段として事務の機械化が進められ、その一環としてパンチカード計算システムが導入されました。

 その部署は「電算室」と称して、工場の緑地にコンクリート造りで冷暖房完備の立派な建物が建てられ、新鋭の電算機器が設置され、各部署から若い女性が選抜されたキーパンチャーとして従事することになりました。当時、本格的な冷暖房を備えた建物や職場は工場や事務所にもなく、社員のせん望の的でした。

▶電算室での作業が発足して2年が経過したころ、パンチャーの女性たちの病欠が多くなり、…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年2月1日第2347号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ