【産業カウンセリングの現場から】第123回 長老と呼ばれるための傾聴スキル

2016.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

老害社員が若手を潰す

 「老害」…企業や政治の指導者層の高齢化が進み、円滑な世代の交代が行われず、組織の若返りがはばまれる状態。――三省堂大辞林より引用。

 老害をもっと噛み砕いて説明すると…自らの老いに気付かず、周囲にいる若手社員の活躍を妨げる上世代の社員ともいえる。今、少子高齢社会を迎えている日本において、上世代と若者世代との人口分布の乖離が激しくなっている。老害の中には、若き老害と呼ばれる人が増えてきているとの声も聞くが、ここでは、40歳代以上の上世代の方を広く含めて老害に該当する年齢として話を進めていく。…

執筆:NPO法人若者就職支援協会 理事長 ネガポジ流キャリアコンサルタント 黒沢 一樹

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月15日第2264号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ