【ぶれい考】「エンゲージメント」とは/守島 基博

2019.10.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 先日「従業員エンゲージメント」について調べてみて、驚いてしまった。

 まず定義がバラバラなのである。調べる文献ごとに違う。また調査で使われる項目もまちまちだ。さらにはエンゲージメントに影響するといわれる要因(エンゲージメント・ドライバー)も説明者によって大きく違う。学界でいうところの「概念妥当性」を大きく欠いた考え方なのである。

 正直にいって、エンゲージメントという考え方は、研究者より実務家の方がより深い関心を持っているようである。あえていえば、人事によくある一種の流行りである。コンサルタントなどが商売として導入を勧めていることもあり、急速に流行してきた。

 ここまで来て、…

筆者:学習院大学 副学長・経済学部経営学科 教授 守島 基博

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年11月4日第3231号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ