【社労士が教える労災認定の境界線】第300回 作業現場の通路歩行中にアキレス腱を負傷

2019.10.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 総合病院の新築工事の配管設備工事下請を受けたA社の作業員(Bさん)は、作業事務所から建物内の作業現場へ通路を前2人後方2人の作業員と会話をしながら歩行中に、左足に体重がかかり、左アキレス腱を断裂し、負傷した。

 配管設備工事は、給排水・衛生設備に分かれており、給湯などの給水設備、手洗いやトイレ洗浄水などの排水設備、ガス設備、消火設備がある。Bさんの勤務しているA社では、3次下請にあたり社員7人で給排水工事を行っていた。

判断

 Bさんが業務遂行中であることについて異論はないが、アキレス腱の断裂が業務によるものかが検討された。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 北海道会
社会保険労務士法人 安藤行政事務所
代表社員 安藤 壽建
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年10月15日第2340号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ