【中国進出企業 労務管理ガイド】第26回 会社からの事前通知解除 配置転換試みた上で 病気・能力不足等3事由/曾我 貴志

2012.07.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

医療期間中の解雇は禁止

 中国の労働契約法40条は、会社が30日前までに書面により労働者本人に通知し、または労働者に1カ月分の賃金を支払うことによって労働契約を解除し得る3事由を掲げる。以下個別の事由ごとに紹介し、若干の検討を加える。

 第1に、労働者が病気に罹り、または業務外で負傷した場合において、所定の医療期間の満了後に原業務に従事することができず、かつ、会社が別途手配した業務に従事することができないとき。

 医療期間は「企業従業員の疾病または職業外負傷の医療期間に係る規定」によって、労働者本人の職務年数および勤続年数に応じて3月から24月の範囲で法定されている。

 医療期間中の解雇は禁止されており、それが満了した後に従前の職務に復帰できない場合でも、会社はまず配置転換を行う必要があり、それでも任に堪えない場合に初めて通知解除が可能となる。…

筆者:曾我法律事務所 弁護士 曾我 貴志

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年7月16日第2881号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ