【中国進出企業 労務管理ガイド】第34回 最低賃金制度 所在地の基準に留意 行政区域で異なる場合も/曾我 貴志

2012.09.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

算定対象に通常手当含む

 中国進出の目的の一つとして労働力コストの低さに着目した各種原価の低減が挙げられる。

 近時、中国においても経済成長に伴う物価上昇が著しく必ずしも労働力コストが低いとはいえなくなりつつあり、また世界の工場から世界の市場へと脱皮しつつあるということもあり、そのような労賃低減が必ずしも中国進出の主たる目的ではない(むしろ中国における販売拡大が主たる目的である)という場合も少なくないが、それでも労働力コストを抑制することは依然として中国進出企業の大きな課題である。…

筆者:曾我法律事務所 弁護士 曾我 貴志

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月17日第2889号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ