【中国進出企業 労務管理ガイド】第17回 日本的労務管理と人材引き留め 能力重視の昇給体系へ 効果的な営業の歩合制/曾我 貴志

2012.05.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

年功評価基軸の日本型を転換

 本欄前2号で転職社会中国における法的対応策に関して述べてきたが、本号においては中国での人材引留めと日本的な労務管理との関係について述べる。

 日本の労務管理は労働者が一つの会社で勤務し続けるという前提で構築されている。近時、日本でも終身雇用制は徐々に崩れているが、基本的なDNAとして「転石苔を生ぜず」という考え方は日本企業やさらにはその中国現地子会社においても依然根付いているものと思われる。

 それが労務管理面において色濃く表れるのが昇給システムであり、年功評価を基軸として微調整を加えるという方法が日系の会社では一般的である。…

筆者:曾我法律事務所 弁護士 曾我 貴志

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月14日第2872号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ