【知っていますか?セクハラ・パワハラ】第20回 相談体制の要点 秘密厳守アピール 相談を予防に生かす/岡田 康子

2012.06.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

男職場に女性一人

 問題の舞台は某設備会社の出張所。ここにはA課長と工事担当の男性8人、庶務で入社2年目の女性Bさんが勤めている。月に一度行われる懇親会では、次第に酔いが回って来ると男性同士で恋愛の武勇伝を語り出すことが多いものの、Bさんは男性が多い職場だからと、多少リアルな話でも場に合わせて聞き流すようにしていた。

 しかし、最近ではBさんに矛先が向き、「今の男で何人目だ?」「親の目を盗んでいろいろやってるんだろう」などと言われ、Bさんが「彼氏なんていませんよ」と、話をはぐらかすほど絡んでくる。そのためBさんは懇親会に出るのが辛く、からかうメンバーの顔を見るのも嫌になってきた。…

筆者:㈱クオレ・シー・キューブ 代表 岡田 康子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年6月4日第2875号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ