【安全衛生対策の新展開】第22回 労働安全衛生法の改正(上) ストレス検査義務に 受動喫煙防止対策も強化/高﨑 真一

2012.06.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

勤め人の自殺8000人

 (1)現状・課題

 イ わが国で13年連続して3万人を超えている自殺者のうち、平成23年で、約8200人が「被雇用者・勤め人」であり、そのうち「勤務問題」を自殺の原因の一つとする者は約2700人にも上る。他方、メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は、平成19年に34%であったものが徐々に改善してきているものの、平成22年でも50%と半数にとどまっている。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 計画課長 高﨑 真一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年6月18日第2877号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ