【安全衛生対策の新展開】第21回 平成24年以降の対応(3) 内部被ばくを測定 高濃度土壌で特定作業/高﨑 真一

2012.06.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

代表者による測定可

 3 復旧・復興作業等に従事する労働者の放射線障害防止対策

 原子力災害対策本部が設定した警戒区域、避難指示地域が順次見直されることを受け、今後、除染などの業務以外の生活基盤の復旧や、製造業の事業などが開始・再開される見込みであることから、安全衛生行政では、復旧・復興作業等に従事する労働者の放射線障害防止対策を定めるため、今年3月8日から専門家により検討を行ってきたが、4月27日、報告書がまとまった。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 計画課長 高﨑 真一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年6月11日第2876号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ