【経営労務とコンプライアンス】第21回 労務リスク(2) 明示と周知が必須 就業規則で方針伝える/大野 実

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

成長とともに見直す

 今回は、基本となるワークルール「就業規則」について述べる。「就業規則の整備」と聞いて、法律上必要なので形式的に整えるものだと考えるなら、それは間違いである。

 就業規則は、法律的な要請の有無にかかわらず、出向や配置転換などの業務命令や懲戒処分などの制裁の執行、その他の労働条件の定めの根拠となる、会社の規則として不可欠なものである。就業規則に定めのない会社の行為や労働条件は、根拠のない行為・条件となって、無効となってしまうこともある。…

筆者:社会保険労務士法人 大野事務所 代表社員 大野 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年12月3日第2899号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ