【経営労務とコンプライアンス】第13回 社会的責任経営(1) 持続可能性に寄与 SRI投資の動きなど/大野 実

2012.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

自然環境への配慮も

 会社の成長と人材マネジメントについての一般的な理解を述べてきたが、会社への現代的要請について考えてみたい。

 CSR(企業の社会的責任)はすでに定着をみているが、その意味は、「企業はその事業活動に当たって、法令等の順守はもちろん、人権や労働等の分野、自然環境保全に対する配慮など、様ざまな利害関係者からなる社会全体に対して主体的に果たすべき責務を負う」というものである。…

筆者:社会保険労務士法人 大野事務所 代表社員 大野 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年10月1日第2891号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ