【経営労務とコンプライアンス】第7回 米国の競争力戦略 自由と探索が主軸 イノベーション促す/大野 実

2012.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「流動化」がポイント

 競争力の源が「人材」にあることは間違いない。2007年8月に米国で競争力法が制定されているので、「平成20年版科学技術白書」を参考にみてみよう。

 この法律は、中国やインドの急速な経済発展等でますます激化する国際競争において米国の競争力優位を確保するために、研究開発によるイノベーション創出の推進や人材育成投資の促進を図ることを目的に取りまとめられた画期的なものとされる。…

筆者:社会保険労務士法人 大野事務所 代表社員 大野 実

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年8月20日第2885号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ