【人事学望見】第875回 不景気風吹く人材ビジネス 人気の紹介予定派遣もかげりが

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

めがね違いだけを注意!

 労働者派遣法は、多様な就労構造の実現を求める産業界の要望に応えて施行されたものだが、臨時的・一時的活用とされあくまでも正規雇用の代替労働力としての役割という位置付けだった。ただ、紹介予定派遣だけは異質といっていい。

改正法施行で日和見続く

 紹介予定の文字が示すとおり、派遣元業者は、労働者派遣業と職業紹介業の許可を必要としている。

 「紹介予定派遣が登場したときは、わが意を得たり、と思ったのだが、期待どおりの成果を上げていないようだな」

 長峰産業は、雑貨の輸入・卸を主たる事業としており、人材頼りの労働集約性が強い業態である。その採用担当責任者である青木人事課長が、統計資料をみながらクビを傾げていた。

 「何か異変をみつけましたか?」

 青木の右腕として自他共に認められている坂本係長が、青木のつぶやきを聞いて声をかけた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年8月13日第2884号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ