【新任担当者のための基礎から学ぶ労働法】第11回 労働基準法②―規制の種類、違反の効果― 是正勧告無視で送検も 使用者の禁止事項に罰則/安藤 源太

2012.03.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、労働基準法上の規定のうち、規制方法の種類・違反の効果等について扱う。会社が労基法に違反した場合、労働者が労働基準監督署(労基署)に駆け込んだために、労働基準監督官(労基官)から是正勧告を受けたということを耳にされたことがあると思われるが、会社の人事労務担当者としては、労基法違反の場合に、どのような措置が執られ得るのかについて把握しておく必要がある。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 安藤 源太

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年3月26日第2866号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ