【ぶれい考】部下の良き“伴走者”に/田中 雅子

2019.06.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 平成から令和にまたがる今年のゴールデンウイークは、近年にない長期間の休日となり、リフレッシュされた方も多いだろう。私は3日間、コーチングの学び直しに参加した。上場企業の経営層とその経験者がメンバーで、基本となる理論を学び、スキルを実践しながら学びを深めるというプレミアムな内容だ。いつもと異なる頭や感性を使い、デトックスしたような気分になった。

 コーチングは、2000年代に日本に上陸し、今やビジネス分野において、課題解決、人材育成、キャリア開発などに幅広く取り入れられている。…

筆者:古河電気工業 執行役員 人事部長 田中 雅子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年6月10日第3212号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ